百八輪之堕落

Posted on 03/07/2013

crystal of dark

暗闇でしか育たない花がある。その花は闇を好む。無限のように思える闇は、花が吸うほどに湧き続け、お前は何処までも深く闇に落とされるだろう。その間にも花は育ち続ける。

光を好む花は、この世界に平等な光を享受し育つ。あんたがたの知る、あの澄んだ、神々しい光だ。だからきっと、その花は皆が美しいと感じる花を咲かせるだろう。知ってるだろう? 緑色を食い尽くしてしまう赤やブルーや紫やピンクや黄色をした、色彩豊かで絢爛な花々だ。

だが、お前の闇で育つ花は、誰にも美しさは伝わらない。暗闇は誰にでも訪れるが、其処にある、底の暗闇はお前だけのものだからだ。だからこそ、その美しさは伝えなければならない。その花は、まだまだ大きくなる。信じられないほど大きくて見事な、醜い花を咲かせる。深く漆黒の闇に溺れ、もがけよ。闇に染まれ。そして、花は育つ。それは確かだ。誰にも愛でられない花が。それでもそれは、花なんだ。暗闇でしか育たない、花なんだ。

Be the first to leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>