Short Album Review: Speech / Speech

Posted on 07/18/2012

Speech / Speech

この世の苦悩が色褪せていくようなまばゆい夕陽の光。どうせならそんな陽光がこの音楽ものせて降り注いでくれればいいのに、と思わせるほど太陽に合うヒップホップ&ソウル。

自らが率いたArrested Developmentの活動では、当時主流だったギャングスタやパーティー・ラップに屈することなく、政治的、社会的メッセージ性の強いヒップホップを提示することに成功する。そして、グループ活動休止直後にリリースされたこの一枚目のソロ・アルバムでは、より日常にフォーカスした、個人的な生き様や愛を包み込むように歌う、新たな一面を見せる。

ラップとメロディー、生音とサンプリングが気持ちいい具合にバランスを保っているのだが、青空と風が鳴らすオーガニックで優しい生音と、太陽が運んできたブルージーで温かいメロディーが、とりわけSpeechの歌声を引き立てる。ストレートなサンプリング志向のヒップホップをやるグループ活動とは違った、歌い上げるSpeechが何よりも素晴らしい。

グループでもソロでも、アメリカで求められるヒップホップに一切惑わされず、我が道でラヴ&ピースを伝道する。ヒップホップを聴かない人がまずは聴くべき一枚。

Amazon: Speech / Speech

Be the first to leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>