Track Review: rega / Onepiece

Posted on 06/15/2012

rega / Onepiece

 
 井出竜二のギターが歌を奏で、青木昭信のベースがグルーヴを唸り出し、三宅隆文のドラムがビートを躍らせる。regaを創り上げたオリジナルメンバー3人からこの曲を聴きとるのもよいが、配信限定シングル「Orange」より前ギタリストと代わる形で正式メンバーとなった、もうひとりのギタリスト四本晶の果たす役割から聴いてみたい。

 彼の加入後に発表された2ndアルバム『Lyrics』、そしてこの「Onepiece」、それらの音が紡ぐ雄大且つ深遠な風景は、やけに温かく感じられる。前ギタリストはどちらかというと、井出の奏でる強烈なメロディーとは別のところで曲の下地を作ることに専念しているように聴こえた。しかし現在は、エフェクターという武器や防具をむやみにまとわない井出の裸のストラトキャスターを、四本の温かいギブソンが包み込んでおり、時にはコーラスを歌い上げるようにメロディーを奏で、2本のギターが絶妙な間で綿密に絡み合い、共鳴している。

 この曲は、rega初期の緻密で複雑な曲構成と比べると非常にシンプルで、冒頭で上げたような個人のスキルと存在をむやみに全面に押し出すことがない。そこに物足りなさを感じる人もいるのかもしれないが、井出の歌を聴かせながらも2本のギターとして、そしてバンドとして曲がどう鳴っているのか、という点が意識されていることが重要なのだ。結果、音の透明度と広がりが増すことで、初期の音源が持っていた衝動的且つどこかメランコリックなブルーという色彩に対し、この「Onepiece」という曲は、明らかに四本加入前には見られなかった鮮やかで爽快なブルーで染められている。

 4人の鳴らす生音のみで聴かせることにこだわり、エフェクターも多用しない(特に最近の)スタイルの中で、同じブルーでも異なる発色のできるサウンドを持ったことを示すこの曲の意味合いは大きい。今後そういったスタイルを保ったまま、新たなブルーの光り方を提示してくれるのか、はたまた何らかの必然性を見つけ、4人の鳴らす生音以外のものも取り入れた異なるスタイルで、ブルー以外の色を見せてくれるのか、興味深く、期待を込めたい。

FLAKE RECORDSサイト・試聴

Be the first to leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>